To become an instructor
インストラクターになるには?

SUPを始めようとする人が安全かつ継続的にSUPを楽しむ為にインストラクターの存在は欠かせません。
SIJでは公認スクールの認定、公認インストラクターの育成がSUP愛好者の安全確保に繋がると考えます。

SIJ公認インストラクター資格の
ワークフロー図

SIJ公認インストラクター資格の取得条件

LEVEL1インストラクター

バッジテスト2級の認定を受けた人が
LEVEL1インストラクター講習会を
受講して取得出来ます。

LEVEL2インストラクター

LEVEL1インストラクターがバッジテスト1級の認定を受けることで
LEVEL2インストラクター講習会を
受講して取得出来ます。

LEVEL3インストラクター

B級検定員資格を持つLEVEL2インストラクターが、 1年以上の活動報告(バッジテスト、インストラクター講習会開催)とともに LEVEL3インストラクター講習会を受講することによって取得出来ます。

※認定後、SIJ 登録までに有効な消防の普通救命講習または⽇本⾚⼗字社 の救急法基礎講習、
あるいはその上位資格の講習または更新講習を 受講し、修了することが必要。(HWSA、JLA、ダイビングインストラクターも可)

バッジテストとは
SIJ公認インストラクター登録について

SIJ日本SUP指導者協会は2019年1月より一般社団法人として2年目に入ります。
今年度もすでに他の団体などでSUPインストラクター資格を所持されている方にはその資格をもってSIJに公認インストラクターLEVEL 2 申請をしていただいております。
初年度に増してインストラクター、スクールとの連携をとり、活発な活動をしていきたいと考えております。当ホームページ内からダウンロード出来る「SUP指導者登録申請書」を用いて登録申請が出来ます。質問については「お問合せフォーム」よりお願い致します。

また、2019年度SIJ公認インストラクター登録をしていただいている方においても 1月より、2020年度の年次登録も開始しておりますので、引き続きインストラクター登録をお願いしたいと思います。今年度は新型コロナウィルス感染予防対策に伴い活動の制約を余儀無くされることを鑑み、7月以降に更新登録をされる方につきまして登録料を2,750円としております。6月末日までに更新登録された方につきましては次年度で調整させていただきますのでご了承下さい。 年次更新登録につきましてはデジエントリーから行って下さい。

各種申請書のご案内

2020年度もSIJインストラクター講習会を受講せずに
現在お持ちのSUPインストラクターライセンスにてSIJ指導者登録が可能です。先ずは申請書を下記まで送付下さい。
————
申請先
info@sup-j.org
バッジテストの日程を確認し、必要事項をご記入の上、実施するスクールへお申込み下さい。
スクール一覧はこちら
SIJインストラクター用損害賠償保険のご案内
業務( SUP指導)活動中のミスや偶発的事故に起因して他人の生命や身体を害したり、
他人の財産を滅失、破損又は汚損した場合に法律上の損害賠償責任を負担することにより被る損害に対して保険会社から保険金が支払われます。
万が一の事故の備えや、お客様の安心を確保するためにも保険の加入をお勧めします。
————
お申込み、お問合せにつきましては、
info@sup-j.org まで。
保険内容はこちら